健康

タニカのヨーグルトメーカー使ってガセリ菌ヨーグルト量産してみた

今回はヨーグルトメーカーを使って市販ヨーグルトを量産してみたのでその方法をご紹介します。

私が使ったのはタニカのヨーグルトメーカー「ヨーグルティアS」です。
こちらの商品は、設定温度が25℃~70℃までと幅広く、ヨーグルトだけでなく納豆やチーズ、温泉卵、甘酒といった色々な食品が作れます。

今回は私のダイエットのためにガゼリ菌ヨーグルトを量産してみました。
ガセリ菌の効果については以下の記事に書いています。

市販ヨーグルトの効能をまとめてみたこの記事では、市販のヨーグルトの違いについて書いていきたいと思います。 スーパーやコンビニに様々なヨーグルトが棚に並んでいるのを見...

では、早速作り方を紹介します。

用意するもの:

  • ヨーグルトメーカ
  • 成分無調整牛乳900ml
    ⇒成分無調整じゃないと固まらないことがあるので成分無調整のものがオススメです
  • 量産するヨーグルト(固形でもドリンクタイプでもどちらでも可)
    ⇒私は混ぜやすいドリンクタイプを使用してます

1.ヨーグルトメーカーの殺菌

まずはヨーグルトメーカーの殺菌です。無駄な菌がいると発酵工程の中で一緒に繁殖してしまいますから、美味しいヨーグルトを作るために必要な作業になります。
(牛乳パックを使用するタイプのヨーグルトメーカーは不要です)

容器に少量(底がちょうど隠れるくらい)の水を入れ、専用のスプーンと一緒にレンジで温めます。600Wのレンジで1分30秒温めます。
温め後、水が残っている場合は水は切って下さい。

2.牛乳の温め

次に牛乳の温めです。冷たいままだと菌を増えるのに適さないので少し温めてヨーグルトの菌が増殖しやすい温度まで上げます。

牛乳は電子レンジでパックのまま600Wで3分温めます。大体ヨーグルトの発酵温度近くになるのが望ましいです。(レンチンしても牛乳パックの破裂などの心配はないので安心して下さいw)

3.ヨーグルトの種と牛乳を混ぜる

牛乳を容器の1/5とヨーグルトの種を入れてよく混ぜます。

混ぜ終わったら残りの牛乳を入れて少し混ぜます。

はい、これで準備は完了です。

4.ヨーグルトの作成

温度を42℃、7時間に設定して8時間待ちます。
※この温度と時間はヨーグルトの種類によって違いますので使用する種の適正に合わせて下さい。

はい、出来上がりですね。この時点でほぼ固まってます。後は冷蔵庫にすぐ入れて冷やすことで、より固まります。
この時、なるべく時間通りすぐに冷やして下さい。じゃないと発酵が進んで酸っぱくなってしまいます。

で、冷蔵庫で冷えたら完成です!美味しいヨーグルトの出来上がりです。市販のヨーグルトとなんら変わらない味です。

ここまでがヨーグルトメーカーを使用したヨーグルトの量産方法でした。言ってしまえばただ混ぜて温度と時間セットして待つだけ。凄く簡単ですね。

ヨーグルトを量産した場合のコスパ計算してみた

さて、作り方は分かったけど、量産するからには結局気になるのはコスパですよね。てことで計算してみました。
1L分のヨーグルトを作るのに、ヨーグルト100mlで120円、牛乳200円でが出来上がるので100mlのヨーグルトが32円で食べれることになります。約1/4のコストになりますね。継続的に食べるなら断然お得になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ヨーグルトメーカーを使えば、市販で売っているものを買うより節約になりますし、ヨーグルトは健康にもいいですし、いいことづくめですね!是非、この機会に自分で作った美味しいヨーグルトを食べて健康的な生活を目指しましょう!